医療について

がん家系と日本の医療技術に関して

私の父は五人兄弟ですが、父以外は全員亡くなっています。
がんで亡くなった叔父もいますし、闘病の辛さは家族以外の第三者では計り知れない辛さがあります。
がんは厄介な病気ですが、中でも深刻なのがすい臓がんだと言われています。
胃の裏側にあるすい臓は、発見が難しくて進行した状態で見付かることも多いと聞きます。
手術をしても再発するケースが多く、体調の変化には細心の注意を払うことが必要です。
がん家系という表現がありますが、身内にがんの患者がいれば特に気を付けることを推奨します。
これと特定出来る要因がある訳ではありませんが、食生活を改めて睡眠をしっかりと摂ることではないでしょうか。
近年は医療の技術が上がっていて、胃カメラで苦痛を感じることが少なくなっているようです。
早期発見であれば内視鏡で除去が可能になり、翌日には退院することが出来るようです。
日本人の平均寿命は世界一ですが、医療は日進月歩で進化を遂げています。

sabu用置換

sabu用置換

Copyright© 医療 All Rights Reserved.

がん家系と日本の医療技術に関して